TOP

自分的にベストヒットな風俗体験談を書いています。

力強い女の子の手コキで昇天。

手コキって本当に力加減が重要だなと思います。弱く握ると気持ち良くないですし、力強く握りすぎると痛くなってしまう。先日ピンサロに行ったときには後者の女の子でしたよ。もう手コキでアソコガ引っこ抜けるんじゃないかって思うくらいでしたからね。実際に女の子は可愛くて良かったのですが、手コキがいかんせん強い。こちらの興奮しているアソコも縮こまるかと思いましたからね。ただ、後半になるとそれがクセになってきて、快感も大きかったです。何より興奮の度合いが大きかったので、最後に昇天したときはなんとも言えない快感に包まれましたからね。今までは作業的に抜くだけのサービスでしたが、その日は新しい快感を習得したような気がしています。こんなに気持ち良いなら激しい手コキも大歓迎ですね。ただ、ちょっとヒリヒリしているので、次サービスしてもらう時は、もっと丁寧にしてもらおうかなと思っています。痛くなって使い物にならなくなったらイけませんからね。


五反田のピンサロ風俗!ピンクサロン【ハイパーエボリューション】

高級デリヘルを利用してからというものの、何だかセフレとの関係が良くない

セフレの関係を半年くらい続けている女性がいるんですが、最近その子との関係があんまり良くないんです。良くない理由はわかっているんですが、その子にはなかなか言いづらくて失礼に値するんじゃないかと思い、打ち明けられずにいます。その理由というのは、3ヶ月前くらいに冬のボーナスがはいったんですが、会社の売上も史上最高額を達成してボーナスの額も普段よりも多目に頂いたんで何か高い買い物でもしようかなと思っていたんです。しかし、僕自身に物欲と言うものが無く特に欲しいものも見つからず、どうすっかなーと、悩んでいた所にセフレから連絡があって一緒に飯を食いに行くことになったんです。「今日はこの子とセックスできるんかな」と思っていたらまさかの女の子の日らしく、ただ飯を一緒に食ってバイバイ。「なんでやねん」みたいな気持ちになって多少イライラしてましたし、期待していた分自分の性欲を何処に向けて良いのか悩んでいて風俗サイトを見ていたら、高級デリヘルってのを見つけたんです。料金はさすが、高級デリヘルと謳っているだけあってかなり高めで、ボーナスをもらっていなければます利用はできないなと思う金額でした。高級デリヘルは存在自体はなんとなくですけど把握はしていたんですが、利用したことはなく、その時に初高級デリヘルを体験したんです。指名した女の子はセフレとはタイプの違う清楚でお嬢様って感じの箱入り娘みたいな感じな子で「こんな子が高級デリヘルで働いてるんか…」と何だか嬉しいような悲しいような複雑な気分になりながらもラブホテルで待ち合わせをすることにしたんです。部屋に到着してすぐに女の子が到着し、実際に合ってみると写真なんかよりも遥かに可愛く、本当にこんな子が…!?と思ってしまうほどでした。高級デリヘルは女性のルックスやスタイルが段違いに良いから高級デリヘルと名乗っているんだなーっと思っていたら、高級デリヘルの本当の意味をわかった気がしました。確かにルックス満点、スタイル満点で非の打ち所が無かったのですが、更に言葉使いや気遣いが半端ないんです。一般的なデリヘルはよく利用していたんですが、結構接客サービスはガサツで酷いとイラっとすることもあるのに対して、高級デリヘルではそんなことを思うどころか接客サービスのレベルの高さに感動してしまいました。それを知ってからはセフレに対する要求が高くなってしまったのかもしれません。


渋谷 高級デリヘル 東京の清楚系風俗【シャングリラ】

女の子の趣味もチェック

いろんな子と楽しんできたんですけど、デリヘルで指名する時にはやっぱり女の子の事くらいはチェックしますよね。サイトを見て女の子の趣味くらいはチェックしておきますね。それは女の子に好かれたいとかじゃなくて話をするきっかけとしてサイトをチェックしますね。デリヘルでのプレイって女の子とのコミュニケーションの延長というか、ただ単に性的に満足するだけじゃなくて女の子とのコミュニケーションだと思うので趣味くらいはチェックしてその話をしますよね。そうすると女の子も喜びますよね。自分の事をしっかりとチェックしてくれているんだって感じで感動してくれるんですよ。そうするとプレイも結構盛り上がりますからね。やっぱり女の子としても自分の事を知ってくれているっていうのは安心感とかに繋がるんじゃないですかね。だから最近ではデリヘルで女の子を指名する時には必ずサイトでプロフを見てどんな趣味なのかっていう事くらいはチェックしていますね。


東京の高級デリヘル【ダブルスタイル(W-STYLE)】

新着記事一覧

新着記事を一覧でご紹介いたします。

他にもカテゴリーから記事をお探しください。