北海道、東北地方の風俗を大調査!

デリヘルとソープの違い

よく、デリヘルとソープを混同している人がいます。二つは同じように性的なサービスをする風俗で、北海道から沖縄まで津々浦々ありますが、サービスの内容がまったく変わってきますので、よく検討してから利用しましょう。まず、デリヘルというのはデリバリーヘルス、もしくは出張ヘルスなどのことで、自宅やホテルなど自分のところに女性がデリバリー(宅配)されることからその名がついています。自分がお店に行かなければならないという状況に抵抗のある人にはオススメです。サービス内容はお店によって変わりますが、基本的に抜いてもらうのが目的です。ソープももちろん抜いてもらうのが目的なのですが、こちらはお店に行ってサービスを受けます。ソープというのは石鹸という意味で、お店の個室(お風呂)を使って体を洗ってもらうことがメインです。そのお風呂の様式から、昔はトルコ風呂などと呼ばれていましたが、いまはソープで統一されていることが多くなっています。また、お風呂で洗うだけでなくオプションでコスプレなどのさまざまなサービスがつけられるようにもなっています。

風俗とその土地柄

風俗店は全国各所にありますが、その場所によってサービス内容が異なったり、営業時間が異なったりすることがあるのをご存知でしょうか。風俗はその土地にあったサービスが展開されているので、それを知るだけでもかなり面白いですよ。たとえば、東北の女性は色が白くて口数が少ないたおやかな女性が多く、関西地方では頼りになるお姉さんタイプが増えるなど、土地による人柄なども出てきます。また、営業時間が田舎のほうが短く都会のほうが長いということも言えるでしょう。そして、東北などの冬に寒くなる地域では、家から出るのが嫌な人が多くなってくるため、デリヘルが人気であったり、お風呂を使ったソープが人気であったりします。対して、南のほうになると土地柄から話すのが好きな人が多いためかキャバクラが人気になっていく傾向があるようです。メンズエステなどは最近出てきたジャンルですのでまだ違いがそれほど大きくありませんが、これから先続いていくにつれて地域色が付いてきて更にサービスの幅が広がるのではないでしょうか。

おすすめできる風俗情報

最新体験談